Competition of Survivor detection system  

LIFE DETECTORVSSIRIUS IN KOREA 

LIFE DETECTOR WON.

(株)タウ技研

TAUGIKEN CO.,LTD.

韓国 国立レスキュー NATIONAL 119 RESCUE SERVICES殿が

当社製ライフディテクターの採用決定

電波式生存者探査装置 Survivor detection system by means of microwave

 韓国の国立レスキュー隊が、当社製ライフディテクターの採用を決定しました。国立レスキューはドイツ製の電波式生存者探査装置「シリウス」を1台所持していますが、入手した約10年前は当然競合機がない時代。もちろんライフディテクターの発売前のことです。

しかし今回の購入にあたっては、当社製ライフディテクターとの競合になりました。そこで2005年4月27日、韓国の国立レスキュー隊の敷地にて同条件での公平な探査テストを行いその優劣を競いました。その結果ライフディテクターの採用が決まったものです。

韓国 国立レスキュー本部建物と探査現場の瓦礫() 右下に見える赤いケースはシリウスです。この場所でのコンペになりました。瓦礫の中は人が移動出来るようになっており、ライフディテクター、シリウス各々3回ずつ、探査を行って性能を競いました。

ライフディテクター

 探査中のライフディテクター本体と瓦礫の中に挿入されたアンテナ(右端)です。

ライフディテクターに現れた波形を見ているオレンジ色の制服は国立レスキューの隊員です。場所を変えながら計3回ずつ交互に探査試験を行いました。試験場は訓練に使われている所で、広い敷地に、人の背丈以上に瓦礫が積まれています。内部はコンクリート製パイプが縦横に通り、人が隠れて移動出来ます。その中に、人がいるかいないかを言い当てるテストでした。

シリウス

 ドイツから技術者を呼んで探査を行う等、力を入れている様子がうかがえました。

タウ技研 HOME

電波機器

LIFE DETECTOR

Mail